スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iRacingでのHD 6970 CFX

写真
HD6970をもう1台手に入れたのでCFXのテストをしてみました。

テスト方法:
先日参加させてもらったJP meeting(岡山とCadillac CTS-VRの組み合わせ)の
リプレイを使い、レーススタートからの120秒間をFrapsのベンチマーク機能を使い
最小・最大・平均FPSを記録します。カメラ視点はTV1

PC環境:
こちらに6970を一台追加

iRacing オプション設定:
gra.jpg

rep.jpg
設定1:画像の設定のまま
設定2:画像から2passのチェックを外したもの
設定3:画像からMore Shadowsのチェックを外したもの
設定4:画像からShadow Volumesのチェックを外したもの


結果:
---_1 (1)

今回の設定では常時60FPSを超える事はできませんでした。
ただCFXの効率が非常に芳しくないどころかsingleでの数値の方が良かったりしているので、
設定の間違い、CPUがボトルネックになっている等原因があるのかもしれません。
ただ試しに行ったMHF大討伐ベンチでは26100出ているので
個人的にはiRacingとマルチGPUは相性良くないのかなと思いました。
ということで2枚目の6970は売りに出しました。熱も冷却FANの音もすごかった!




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。